RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

プロ競輪選手☆中村浩士の『情熱日記♪』

KEIRIN Artist・中村浩士の日本のスポーツを文化にするために・・・
<< 福井F1に向けて | main | 『福井F1』 >>
千葉記念では相棒達と競輪を走るよ
0

    競輪場をファンで埋め尽くすため
    1日1クリックのランキング投票お願いします。

    中村浩士オフィシャルサイトへはこちらをクリック


    親愛なる君へ

    おはよう
    千葉記念で富里福葉苑の苑生たちと
    競輪を走ることが決まった
    ここに向けて
    必死になって
    練習してきた仲間と共に
    君の前でハッスルするよ
    僕は、久保田選手の3番手を固め
    司令塔となる

    先頭誘導員は
    先日引退した滝澤正光先生

    愛の競輪ポスター

    千葉記念初日
    10月25日(土)
    第6レース終了後お楽しみに

    愛の競輪出走表

    千葉記念最終日は
    11R発売中・競輪大学にて
    中村浩士・トークショウの予定
    そちらもお楽しみに

    浩士より。



    自転車OK人気スポーツブログはここから見れますOK自転車
    ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑




    中村浩士オフィシャルサイトへはこちらをクリック

    | ニュース | 03:23 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
     千葉開設記念恒例の「愛の競輪」も、いよいよ、今度の土曜日となりました。
     先日の千葉競輪場での練習会では、お忙しい中を富里福葉苑の知的障害を持つ選手たちに、競輪競走のご指導を賜り誠にありがとうございました。
     その時に、中村選手から「選手たちは、仕上がってきてますね」の言葉を頂きましたが、実は昨年のクリスマスに中村選手からご寄贈頂きました、30万円の貴重な浄財で、9月末に日本競輪学校を会場に愛の競輪のための合宿を行わせていただきました。恩返しの気持ちでペダルを回していたから伸びが良かったのだと思います。
     長野パラリンピックで、クロスカントリースキー日本代表選手・久保田剛の先行、番手には富里福葉苑の鬼脚・愛の競輪優勝2回の鈴木幹雄、三番手を固める司令塔・中村浩士選手の師弟ラインは強力。共に連携して優勝経験を持つ、藤原健人・大木聡に援護する廣田久将選手ラインにもタイミング次第では連独占も、また、お父さんが競輪選手のサラブレット笠原康亮・地元千葉市出身の正木淳史・司令塔はベテラン筒井孝之ラインもつれるた展開になれば、大いにチャンスがありと、混戦模様です。
     H・プロジェクトの皆様をはじめ、中村浩士選手ファンの皆々様、千葉競輪場にて、ご声援を宜しくお願い申し上げます。 
     
     
    | 富里福葉苑施設長 生駒三男 | 2008/10/21 9:35 AM |

     「第6回 愛の競輪」ポスター・出走表の拡大版は、富里福葉苑HPでご覧頂けますのでご利用下さい。
     10月25日、千葉競輪場で応援宜しくお願い申し上げます。
     
    | 富里福葉苑自転車部 | 2008/10/21 9:55 AM |

    本日、KEIRINN・JPにも「愛の競輪」の記事が掲載になりましたのでお知らせいたします。
    | 富里福葉苑自転車部 | 2008/10/22 3:43 PM |

    中村選手へ
    先日の千葉記念で愛の競輪素晴らしいレースをしていただき感動しました。また、滝沢先生はじめ廣瀬支部長さん・競輪選手会千葉支部の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
    競輪選手会千葉支部の皆様には、知的障害を持つ人たちにとても優しく接してくださり本当に有難うございます。
    また、福井競輪では、完全優勝おめでとうございました。

    今後とも宜しくお願いいたします。有難うございました。

    障害を持つ人たちの励みになりました。

    今後の中村選手のご活躍を祈念いたします。有難うございました。
    | 堀江 克則 | 2008/10/27 9:25 PM |










    http://blog2.hiroshi-nakamura.net/trackback/773877